coleman

coleman

当初はガソリン式ランプを専門に扱っていたが、電灯が普及するようになると屋外でも使えるガソリン式ランタンの製造に力を入れ始める。当初これは牛小屋・馬小屋などで使われた。これらの製品はアメリカ軍にも納入された。

1942年には米軍に依頼され戦場で使う調理用ガソリン式ストーブの製造を開始する。完成品の条件は「摂氏マイナス51度からプラス52度の環境で作動し、なおかつ1クォートのミルク缶に収まるもの」という厳しいものであった。このストーブはGIポケットストーブ(モデル520)と呼ばれ、従軍記者のアーニー・パイルが「戦争におけるもののうち、武器以外での主要発明品はジープとGIストーブだ」と書いたことから注目されるようになった。現代ではテントなどキャンプ用品全般を扱っている。なおGIストーブはその後モデルチェンジ(最新モデルは1950年制式採用のM-1950)を経て、民生品(モデル536、538)も販売されたが、開発費を負担した米軍に生産工場の決定権があるため製造はSMP(States Machine Products )に移り、現在コールマンでは製造していない。

日本には日本法人のコールマンジャパンがある。現代ではコールマンジャパンが日本向け専用に設計・製造された製品も扱っている。商品は直販のほか、一般のキャンプ用品店、登山用品店、釣具店、ホームセンター、銃砲店(過去販売例)での購入も可能である。


セキチュー楽天市場店 

ディズニーストア 楽天市場店 


このページの先頭へ戻る