おせち料理

おせち料理

おせち料理は、お正月に作る代表的な料理です。
昆布巻、ごまめ、きんとん、煮しめ、数の子、なますなど、縁起が良く日持ちの良い料理を重箱に詰めて供し、正月の間、家族全員で食べます。

 

定番のおせち料理の中身としては、以下のものがあります。

 

○紅白かまぼこ⇒祝儀用としてめでたい彩りなので使います。
○伊達巻⇒見た目の豪華さで定番です。巻き物(書物)に似た形から、知識が増えることを願う縁起物です。卵焼きやだし巻を代わりに使用する場合もあります。
○栗金団(くりきんとん)⇒「金団」とは黄金の団子という意味から、見た目の色合いが豪華で金塊のように見えるところから定番です。
○昆布巻き⇒「よろこぶ」の語呂合わせから定番になってます。
○お多福豆⇒文字通り福が多からんことを祈願してます。
○紅白なます⇒お祝いの水引をかたどったもの。
○蕪の酢の物、ちょろぎ⇒植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。多くの場合、黒豆と共に盛り付けられます。
○酢蓮(すばす)⇒レンコンの酢の物。
○鰤の焼き物⇒出世魚である事から出世を祈願したものとして。
○鯛焼き物⇒元は神饌。「めでたい」の語呂合わせ。
○海老の焼き物⇒ひげが長く腰が曲がっている様子が老人を連想させることから長寿を祈願したものとして。
○鰻の焼き物⇒鰻登りから出世を祈願の意味で。
○くわい⇒大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世を祈願。また、古くは平仮名の「か」を「くわ」と表したので、くわい=かい=快から、一年を快く過ごせるようにとのことから。
○蓮根⇒孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願して。
○牛蒡、里芋⇒里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝を願って。
○八ツ頭

 

築地竹若のおせち料理は毎年人気です。
予約は早いほうが良いです。

 

 



このページの先頭へ戻る